ファッション

資生堂がタピオカドリンクとコラボ 若年層に向けアイライナーなどを発売

 資生堂は6月20日、若年層の市場トレンドや流行の兆しをタイムリーに捉えた期間限定ブランドを開発するプロジェクト「コスメティック プレス(COSMETIC PRESS)」の第4弾で、台湾発のティースタンド「ジ・アレイ(THE ALLEY)」とコラボレーションする。鹿のロゴをあしらったパッケージを共通に、資生堂はアイライナーとアイシャドウをバラエティショップやドラッグストアで販売する。

 第4弾のブランド名は、「アーティスターメイク(ARTISTARMAKE)」。メイクのアクセントになる星型のスタンプと、ウオータープルーフのリキッドアイライナーが1本になったアイライナー「S スタンプライナー」(全3色、各1200円※編集部調べ)、しっとりとやわらかい感触で、べたつかずさらっとした仕上がりが続くアイシャドウ「S トッピングシャワー」(全3色、各980円※編集部調べ)をラインアップする。

 「ジ・アレイ」は6月20日~7月31日の期間限定で、コラボレーションを記念したタピオカドリンク“ラズベリーピーチスター”を発売する。桃とラズベリーをベースにしたスムージーで、星をモチーフにしたクッキーをアクセントに加えた。また同期間中「ジ・アレイ」中目黒店では、「アーティスターメイク」のディスプレーやテスターブースを設置したコラボストアを開く。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら