ファッション

「MCM」が世界最大の銀座・旗艦店をリニューアルオープン ミレニアルズとコラボ

 ドイツ発のライフスタイルブランド「MCM」は、東京・銀座の旗艦店「MCM 銀座ハウス 1(MCM GINZA HAUS 1)」をリニューアルオープンする。ベルリン、ロサンゼルスに続く同旗艦店は、ブランド史上最大となる総面積2880平方メートルの9階建てビル。そのうちの1~6階までを商業スペースとして使用し、1~3階のストアリニューアルを3月28日に、グランドオープンを4月19日に予定する。

 MCM 銀座 ハウス 1は、ブランドが持つカルチャー、クラフツマンシップ、クリエイティビティーを結集したランドマークと位置付ける。ストア部分のほかに、2月にベルリンにオープンしたコンセプトストア「1976 ベルリン(1976 BERLIN)」のテイストをベースにしたショールームやVIPラウンジ、「MCM」のヘリテージを具現化した体験型カフェ、ギャラリー、エキシビションスペースなどを用意する。

 オープンに向け、ミレニアルズとコラボした全3部作のコンテンツムービーを公開した。モデルのUnaとMATCHAのユニットOWNCEANがディレクションし、中国・上海生まれのビデオグラファーYUKARIが撮影を、ヒップホップクルーYENTOWNのシンガー、Awichがモデルを務めた。ムービーは配役を変えながら、ジャパン公式インスタグラム(@mcmjapan)で順次公開する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら