ビジネス

“スタンスミス”復活の立役者が「MCM」に グローバル・クリエイティブ・オフィサー職を新設

 「MCM」がグローバル・クリエイティブ・オフィサー職を新設し、ダーク・ショーンベルガー(Dirk Schonberger)を指名した。

 ショーンベルガーはドイツ出身。ミュンヘンのエスモード(ESMOD)で学んだ後、ベルギー・アントワープの「ダーク ビッケンバーグ(DIRK BIKKEMBERGS)」で3年間アシスタントを務めた。1996年には自身のブランドを立ち上げメンズラインをスタート。2002年にはウィメンズラインも発表した。07年にはドイツのブランド「ジュープ(JOOP)」のクリエイティブ・ディレクターに就任し、10年から「アディダス(ADIDAS)」のクリエイティブ・ディレクターを務めた。「アディダス」ではリック・オウエンス(Rick Owens)やラフ・シモンズ(Raf Simons)、カニエ・ウェスト(Kanye West)らとのコラボレーションコレクションを手掛け、“スタンスミス”などビンテージスニーカーの人気復活に貢献した人物だ。その他にもザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)のミック・ジャガー(Mick Jagger)やキース・リチャーズ(Keith Richards)、U2のボノ(Bono)のライブ衣装を手掛けた。

 「MCM」の親会社である韓国のソンジュグループ(SUNGJOO GROUP)は、「グローバルなクリエイティブ戦略のリーダーシップをとることに期待する」と述べ、ベルリンにデザインスタジオを新設。ミレニアルズやジェネレーションZの顧客に訴求していくことを目指す。また、ショーンベルガーの「アディダス」での経験から、ドロップ方式(数量限定の商品について事前に告知し、消費者の注目を集め、関心がピークになるタイミングで発売すること)も検討していくという。

 ショーンベルガーは自身のチーム結成のために25人を新規に採用する予定で、自身はプロダクトデザインの統括とグローバルマーケティングやアートディレクションを手掛けるという。「毎シーズン、はっきりとしたメッセージを打ち出す。これは製品だけではなく、小売り、EC、キャンペーン、SNSなど全てにおよぶ」とショーンベルガーは話す。

 ショーンベルガーによる初のコレクションは20年春に発表予定だが、彼のビジョンの一端を見ることができるカプセルコレクションを19年春に発表予定だ。デザインについてショーンベルガーは、一部テコ入れの必要性に言及したが、大規模な方向転換は予定していないという。「明らかな違いは実感してもらえるが、私はブルドーザーのように全てをひっくり返すタイプではない」。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら