ニュース

「ノンネイティブ」が一風堂の制服をデザイン サンタモニカの新店

 メンズブランド「ノンネイティブ(NONNATIVE)」は、ラーメン専門店・一風堂がアメリカ・サンタモニカにオープンする新店舗の制服を手掛ける。デザインはオリーブカラーを基調としたミリタリーテイストで、ノーカラーのジャケット、ロング丈のプルオーバーシャツ、Tシャツ、カーゴパンツ、バンダナの5アイテムを製作。一風堂の制服の全身トータルコーディネートを手掛けるのは「ノンネイティブ」が初めてとなる。

 ラーメン店という環境を考慮し、トップスは通気性を高めるために脇に穴をあけ、生地は速乾性と軽量性に優れたマイクロリップストップを使用した。ペンやメモを収納するためのポケットを豊富にレイアウト、バンダナ以外のアイテムには、今回のコラボ限定のデザインとして一風堂のシンボルをプリントした。この制服は、一風堂サンタモニカ店とオンラインストア「カバーコード(COVERCHORD)」で10日から限定販売する。

 一風堂は、1985年に福岡・大名で創業。世界12ヶ国・地域に店舗を構える。なお、国内の一風堂の制服は2017年に森永邦彦氏率いる「アンリアレイジ(ANREALAGE)」が手掛けた。