ファッション

「ナイキ」と現代アーティストのトム・サックスが1年ぶりにコラボ “火星を歩けるスニーカー”シリーズの新作を発表

 「ナイキ(NIKE)」とニューヨークを拠点に活動する現代アーティストのトム・サックス(Tom Sachs)が、新作コラボレーションスニーカー“マーズ ヤード オーバーシュー(MARS YARD OVERSHOE)”を発表した。

 両者は、“火星を歩けるスニーカー”をコンセプトに、2012年に発表した“マーズ ヤード”シリーズの“ナイキクラフト マーズ ヤード”や、17年の“ナイキクラフト マーズ ヤード 2.0”などたびたび協業しており、今回は1年ぶりの新作となる。

 “マーズ ヤード オーバーシュー”はこれまでのコラボスニーカーのシルエットとは大きく異なり、アッパー全体がスニーカーのレインカバーをほうふつとさせるスーパー繊維の高強力ポリエチレン繊維“ダイニーマ”で覆われている。また、ソールは分厚く重量感のあるものになるなど、まさに宇宙でもはけるような近未来的な一足に仕上がっている。

 スニーカーについてトム・サックスは、「07年からこのスニーカーについて考えていた。アーティストである私に『ナイキ』が提供してくれた最大のコトは、制約しないで物事を考えるというクリエイティビティーのプロセスの拡大だった」とコメントしている。

 価格は390ポンド(約5万8000円)で、11日にロンドンで行われる両者によるプロジェクトムービー「Paradox Bullets」の初上映に合わせ、ドーバー ストリート マーケット ロンドン(DOVER STREET MARKET LONDON)で世界先行発売される。その後日本をはじめとした世界各国で順次発売される予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら