ファッション

「MCM」が関西地区初の常設店を阪急うめだにオープン ポップアップも同時開催

 ドイツ・ミュンヘン発のバッグブランド「MCM」は8月29日、関西地区初の常設店を阪急うめだ本店1階にオープンする。これに併せて8月29日〜9月4日、同館1階のプロモーションスペース12でポップアップストアを開く。

 常設店では、2018-19年秋冬コレクションのアイテムや、ブランドを象徴する“ヴィセトス”柄を使用したバッグやアクセサリーなどを取りそろえ、好きなパーツが選べるメード・トゥ・オーダーサービスもスタートする。オープンを記念して、定番のパトリシアバッグのトップハンドルタイプ“パトリシアサッチェル”の新色、ホッパーグリーンを先行発売する。

 常設店はこれまで14年に、銀座にオープンした国内初の旗艦店のみだった。

■「MCM」阪急うめだ本店
オープン日:8月29日
時間:10:00〜21:00 / 金曜日のみ 10:00〜21:00
場所:阪急うめだ本店1階 ハンドバッグギャラリー
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7

■「MCM」ポップアップストア
日程:8月29日〜9月4日
場所:阪急うめだ本店1階 プロモーションスペース12

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら