ニュース

ポーラがAI技術を駆使し862万通りから最適なスキンケアを提案 「アペックス」ブランドで

 ポーラは7月8日、パーソナライズドスキンケアブランド「アペックス(APEX)」を刷新する。従来の独自の肌分析にAI技術を新たに導入し、これまでの256万通りから862万通りまで細分化、一人一人に適したスキンケア製品(全7種、9000~1万7000円)を販売する。2019年の年間売上高は120億円規模を目指す。

 同ブランドは、独自の肌分析技術に基づき、 顧客のプランをつくる→プランを実行する→プランをアップデートする、というフローに販売スタッフ(ポーラビューティーディレクター)が寄り添い、 一人一人に最適化したケアを提案サポートする。

 今回、業界初となる動画解析を採用。同社が蓄積してきた1800万件を超えるビッグデータと掛け合わせ、肌の状態を視覚化する。肌状態さらに、地域や季節、使うアイテムの優先順位まで考慮しておすすめ製品を提案する。

 基本アイテムはクレンジングやウオッシュ、フルイド、カラークリームなど全7品。クレンジングでは、オイルやミルク、クリームとテクスチャーや使用感の異なるタイプをそろえるなど、目的やケア習慣を踏まえた全39種類のタッチアップテスターを用意した。

 さらに、アプリを開発。ダウンロードすることで分析結果の振り返りや手入れ動画によるアイテムの使用方法、2年分の肌データの蓄積などもでき、再確認することも可能だ。

 ボトルデザインは、肌を取り巻く「森羅万象」をモチーフに、最新のデジタル印刷技術を用い、一つとして同じデザインがない仕様になる。