ビジネス

シャンプーも“パーソナライズ”がブーム? 新ヘアケアブランド「ミクス」が誕生

 “ノンシリコン”“ボタニカル”といったブームが続いてきたシャンプー市場で、次は“パーソナライズ”がトレンドとなってきている。美容メディア「ヘアリー(hairy)」を運営するファボ(FABO)は、ウェブサイトで「自身の髪の太さ」「頭皮の状態」「香りの好み」など8つの質問に回答するだけで、1万9530通りの中から自分に合った処方のシャンプー&トリートメントを届けてくれる“パーソナライズ”ヘアケアブランド「ミクス(MIXX)」のサービス提供を11月15日から開始した。「ミクス」は、1カ月ごとにシャンプー&トリートメント(各1本)を届けてくれる定期便サービスで、ウェブサイトからオーダーするとオリジナルボックスに入って1~2週間で届けられる。価格は1カ月6600円(送料別)となっている。

 パーソナライズヘアケアといえば、今年5月にスパーティーが「メデュラ」を立ち上げ、一足先にサービス提供を始めている。その「メデュラ」との違いについて酒井勇輝ファボ社長は、「まずは処方の数が違うのと、パッケージデザインもよりポップにして、“私らしさ”にこだわったこと」と語る。

 OEM先には、過去にヒットヘアケア製品を手掛けた経験を持つナチュラルを選んだ。今後のプロモーションに関しては、「半年ほどは実際にユーザーに使ってもらい、その使用感などの意見を聞いて製品やサービスを改良していく。ある程度安定してきてから広告展開をしていくつもりだ」と酒井社長。初年度の売り上げ目標は2億円を見込む。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら