ビジネス

シャンプーも“パーソナライズ”がブーム? 新ヘアケアブランド「ミクス」が誕生

 “ノンシリコン”“ボタニカル”といったブームが続いてきたシャンプー市場で、次は“パーソナライズ”がトレンドとなってきている。美容メディア「ヘアリー(hairy)」を運営するファボ(FABO)は、ウェブサイトで「自身の髪の太さ」「頭皮の状態」「香りの好み」など8つの質問に回答するだけで、1万9530通りの中から自分に合った処方のシャンプー&トリートメントを届けてくれる“パーソナライズ”ヘアケアブランド「ミクス(MIXX)」のサービス提供を11月15日から開始した。「ミクス」は、1カ月ごとにシャンプー&トリートメント(各1本)を届けてくれる定期便サービスで、ウェブサイトからオーダーするとオリジナルボックスに入って1~2週間で届けられる。価格は1カ月6600円(送料別)となっている。

 パーソナライズヘアケアといえば、今年5月にスパーティーが「メデュラ」を立ち上げ、一足先にサービス提供を始めている。その「メデュラ」との違いについて酒井勇輝ファボ社長は、「まずは処方の数が違うのと、パッケージデザインもよりポップにして、“私らしさ”にこだわったこと」と語る。

 OEM先には、過去にヒットヘアケア製品を手掛けた経験を持つナチュラルを選んだ。今後のプロモーションに関しては、「半年ほどは実際にユーザーに使ってもらい、その使用感などの意見を聞いて製品やサービスを改良していく。ある程度安定してきてから広告展開をしていくつもりだ」と酒井社長。初年度の売り上げ目標は2億円を見込む。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら