ニュース

一人一人に合わせて成分をブレンドする、ヘアケア製品のパーソナライズサービス「メデュラ」誕生

 ビューティプラットフォームと製品開発を行うスパーティーは、ヘアケア製品のパーソナライズ定期通販サービス「メデュラ(MEDULLA)」を開始した。100以上の組み合わせから一人一人に合わせて成分をブレンドし、2カ月ごとに発送するというもので、料金は2カ月分のシャンプーとトリートメントで6800円。当面は自社ECをメーンに販売を行う。

 成分のブレンドは髪の長さや頭皮の状態、髪のくせ、髪の太さ、なりたい髪など、7つの質問を元に行う。また、「直接香りを確かめたい」「自分の髪質が分からない」という人に向けて、6月11日からは美容師と提携して店舗でのカウンセリングと無料のシャンプー&ブロー体験も実施。気に入ればその場でオンライン注文を行うことができる。製品は購入手続き後、約1~2週間後に専用ボックスに入れて届けられる。

 1回目の購入後に感想などを伝えると提携美容師からヘアケアのアドバイスが受けられるとともに、次回はその感想がフィードバックされた処方で新たな製品が届く。処方は2カ月ごとに変えられるため、季節に合わせて香りを変えることもできる。

 サービスを立ち上げたきっかけについて、深山陽介スパーティーCEOは「多くの女性が自分に合ったシャンプーが分からず悩んでいる。ツイッターでも“シャンプー難民”というキーワードで検索すると、さまざまな女性の悩みを見ることができる。世の中には膨大な数のシャンプーが売られていて、その中から自分に合ったシャンプーを探すことは困難になっている。それであれば、その人に合わせてパーソナライズすれば悩みを解決できると考えた」と語る。

 製品の処方に関してもかなりのこだわりを持つ。「もともと大手メーカーでヘアケアの研究開発を行っていた人がアドバイザーとして参加しており、品質的にも満足のいくものとなっている。サービス名にもなっている『メデュラ』は髪の芯にあたる部分のことで、“芯から美しくする”ということを掲げている。シャンプーはノンシリコン、ノンパラベン、90%以上天然由来成分、9種類の天然由来エキスを配合。その他、トリートメントには浸透型コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を配合し、髪の内側にも表面にも働きかける」という。

 今後は、ヘアオイルなど製品ラインアップを増やしていく予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら