ファッション

新旧2種類の“ZOZOSUIT”を着比べて感じたのは“不安”だった

 スタートトゥデイが4月末に発表した採寸のための新型“ZOZOSUIT”の配布が始まった。昨年11月に発表した“ZOZOSUIT”とは異なり、ボディースーツについたドットマーカーをスマートフォンのカメラで360度撮影するという仕組み。旧型では4カ所に通信基盤があったために扱いがやや難しかったが、新型は洗濯もでき、電源も必要ないといった簡便さが売りだ。大量生産に向くため、旧型と比べてもかなりのスピードでの配布を実現しているようで、今期は600万〜1000万個の発送を計画するという。旧型ではBluetoothを用いるため、電波状況などに影響されるという弱点があったが、その点はカメラ機能しか使わない新型ではあまりストレスがないのだろうか。

 早速自宅で新型“ZOZOSUIT”を使って採寸をしたところ、1番気になったのは計測にかかる時間だった。着用からテスト撮影を含めておよそ5分。1度測るだけならいいのだが、実際にやってみると1回の計測ではなんとなく不安を感じた。というのも、詳細サイズがすぐに表示されたはいいものの、本当にこれが正しいかと聞かれると、わからない。「再計測」というボタンがあるので、念のためにもう一度測っておこうと思い立ち、再度テスト撮影からの採寸。終了後になぜかアプリがダウンするというトラブルに巻き込まれ、結局3回目の計測を行うことになった(この原因はもしかすると自分のスマホにあるのかもしれない)。旧型では採寸にかかる時間がものの数秒だったので、何度かやり直してもすぐに結果が見られるという利点があった。新型では、何度か試してみようとすると、なかなかにストレスを感じるのだ。

 3回目の計測が終わり、測定値が出たのだが、よく考えると前回の計測結果との比較はできない。不安を残したまま、最後の結果を“自分サイズ”として登録し、自分にぴったりなプライベートブランド「ゾゾ(ZOZO)」を注文することにした。商品の注文自体は非常に手軽で、あっという間に終わってしまった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。