ニュース

スタートトゥデイが「アイコン」運営のVASILYを完全子会社化

 ファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイがファッションメディア「アイコン(IQON)」を運営するVASILY(東京都、金山裕樹・社長)の全株式を取得し、完全子会社化することを発表した。10月末の手続き完了を予定する。子会社化によってVASILYが培ってきた開発技術を応用し、さらなる成長を目指す。

 今回の子会社化について金山裕樹VASILY社長は、「スタートトゥデイの持つファッションに関するさまざまな資産、特に膨大なファッションのデータをVASILYの持つテクノロジーで活用し、既存ビジネスの拡大のみならず、新しいビジネスにも挑戦していきたい」とコメントした。

 VASILYは2008年11月に創業。同社が運営する「アイコン」は200以上のECサイトにあるファッションアイテムをユーザーが自由に組み合わせるコーディネートアプリで、特にAIを用いた機械学習の分野で高い技術力を持つといわれる。