ビジネス

スタートトゥデイが「アイコン」運営のVASILYを完全子会社化

 ファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイがファッションメディア「アイコン(IQON)」を運営するVASILY(東京都、金山裕樹・社長)の全株式を取得し、完全子会社化することを発表した。10月末の手続き完了を予定する。子会社化によってVASILYが培ってきた開発技術を応用し、さらなる成長を目指す。

 今回の子会社化について金山裕樹VASILY社長は、「スタートトゥデイの持つファッションに関するさまざまな資産、特に膨大なファッションのデータをVASILYの持つテクノロジーで活用し、既存ビジネスの拡大のみならず、新しいビジネスにも挑戦していきたい」とコメントした。

 VASILYは2008年11月に創業。同社が運営する「アイコン」は200以上のECサイトにあるファッションアイテムをユーザーが自由に組み合わせるコーディネートアプリで、特にAIを用いた機械学習の分野で高い技術力を持つといわれる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら