ビジネス

スタートトゥデイが「アイコン」運営のVASILYを完全子会社化

 ファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイがファッションメディア「アイコン(IQON)」を運営するVASILY(東京都、金山裕樹・社長)の全株式を取得し、完全子会社化することを発表した。10月末の手続き完了を予定する。子会社化によってVASILYが培ってきた開発技術を応用し、さらなる成長を目指す。

 今回の子会社化について金山裕樹VASILY社長は、「スタートトゥデイの持つファッションに関するさまざまな資産、特に膨大なファッションのデータをVASILYの持つテクノロジーで活用し、既存ビジネスの拡大のみならず、新しいビジネスにも挑戦していきたい」とコメントした。

 VASILYは2008年11月に創業。同社が運営する「アイコン」は200以上のECサイトにあるファッションアイテムをユーザーが自由に組み合わせるコーディネートアプリで、特にAIを用いた機械学習の分野で高い技術力を持つといわれる。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら