ファッション

「ミモレ」初の書籍を発売 8万円の豪華ボックスに応募殺到

 講談社のウェブマガジン「ミモレ(mi-mollet)」は、初の書籍「自分のスタイルが見つかる おしゃれコーチング」の発売とサイト立ち上げ3周年を記念して、スタイリストで7月から「ミモレ」のコンセプトディレクターに就任する大草直子・編集長と「ミモレ」編集部が厳選した“おしゃれの三種の神器”と書籍をセットにした8万円の特製ボックスを、100セット限定で製作した。

 強気の価格設定にもかかわらず、受付初日で100人を超えるファンから申し込みがあり、最終的に400人以上の応募が殺到したという。限定セットの内容は、「マディソンブルー(MADISONBLUE)」の白いドレスシャツ、「ボン マジック(BON MAGIQUE)」のバロックパールピアス、「キッカ(CHICCA)」のクリアな赤リップ、書籍の4点。

 準備数をはるかに上回る申し込み数について大森葉子「ミモレ」チーム長は、「イベントやサイトを通して、たくさんの読者と日々コミュニケーションをとらせていただいている。その積み重ねで、読者が本当に必要としていることをきちんとキャッチし、妥協なく具現化することができた」ことが応募殺到につながった一番の理由だと分析した。

 同書籍は、自分自身と向き合い、自分のスタイルを見つけるためのヒントとなるコーチング本で、大草編集長が手掛ける巻頭ページや女優の板谷由夏、中山まりこ「マディソンブルー」ディレクターのインタビュー集、大草編集長が監修したコーチングシートが付いている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら