ファッション

「ラブレス」が「キッカ」とコラボ コフレ着想色のベロアセットアップなど発売

 三陽商会が運営する「ラブレス(LOVELESS)」は、メイクアップアーティストの吉川康雄がブランドクリエイターを務めるカネボウ化粧品の「キッカ(CHICCA)」とコラボレーションし、「キッカ」の2017年クリスマス・コレクションのキーカラーを使った2種類のアイテムを発売する。「ラブレス」がコスメブランドとコラボするのは初めて。

 第1弾は、「キッカ」のシーズンテーマである“Fun”に着想したダスティーピンクのベロアセットアップ。今シーズンのトレンド素材、ベロアを使ったペプラムトップス(1万3000円)とレースとのコンビのタイトスカート(1万4000円)がそろう。11月4日に、「ラブレス」全店とウェブサイトで発売する。

 第2弾は、カラーブロッキングのポーチ(4600円)。“Fun”のインスピレーションソースでもあるNYのコニーアイランドの雰囲気を、コスメカラーにあるくすみカラーとメタリック素材で表現した。店舗限定のダスティーピンクとウェブサイト限定のアイスブルーの2色をラインアップ。12月中旬から、「ラブレス」全店とウェブサイトでそれぞれ発売する予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら