ファッション

「ラブレス」が「キッカ」とコラボ コフレ着想色のベロアセットアップなど発売

 三陽商会が運営する「ラブレス(LOVELESS)」は、メイクアップアーティストの吉川康雄がブランドクリエイターを務めるカネボウ化粧品の「キッカ(CHICCA)」とコラボレーションし、「キッカ」の2017年クリスマス・コレクションのキーカラーを使った2種類のアイテムを発売する。「ラブレス」がコスメブランドとコラボするのは初めて。

 第1弾は、「キッカ」のシーズンテーマである“Fun”に着想したダスティーピンクのベロアセットアップ。今シーズンのトレンド素材、ベロアを使ったペプラムトップス(1万3000円)とレースとのコンビのタイトスカート(1万4000円)がそろう。11月4日に、「ラブレス」全店とウェブサイトで発売する。

 第2弾は、カラーブロッキングのポーチ(4600円)。“Fun”のインスピレーションソースでもあるNYのコニーアイランドの雰囲気を、コスメカラーにあるくすみカラーとメタリック素材で表現した。店舗限定のダスティーピンクとウェブサイト限定のアイスブルーの2色をラインアップ。12月中旬から、「ラブレス」全店とウェブサイトでそれぞれ発売する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら