ファッション

高橋愛が大好きな韓国を凝縮したガイドブック発売、表紙は「スタイルナンダ」で撮影

 元モーニング娘。でタレント・女優の高橋愛が23日、初の観光本となる「高橋愛の韓国本。」(講談社)を発売する。価格は1200円。美容雑誌「ボーチェ(VOCE)」の連載をまとめたもので、東大門や弘大、明洞といった観光地の都市別紹介に加えて、韓国旅行時のコーディネート提案、近年の韓国トピックスなど、他のガイドブックにはないコンテンツも多い。「ボーチェ」らしく、後半にはコスメの紹介も満載だ。

 韓国を好きになったきっかけについて高橋は、「10年前にモーニング娘。のリーダーだった頃、仕事で訪れた際にはじめて食べた“ラッポギ”にハマりました。辛いものは苦手な方だったんですが、すごく美味しくて、食から好きになった感じです」と話す。BIGBANGの大ファンで過去にはツアーに合わせて渡韓したこともあり、今も年4〜5回は渡韓するほどの韓国好きだという。

 表紙や中扉の撮影は明洞にある「スタイルナンダ(STYLENANDA)」の“ピンクプールカフェ(Pink Pool Cafe)”で行った。「韓国にはとにかくピンクなものが多いんですが、ここはピンクと水色という完璧な組み合わせ。プールにはネオンサインが反射するようになっていたりと、まさに“インスタ映え”なんです」と感想を語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら