ファッション

ロレアルが「スタイルナンダ」買収 「3CE」でKビューティに参入

 ロレアル(L‘OREAL)は、韓国のEC発ファッションブランドでビューティやライフスタイルも手掛ける「スタイルナンダ(STYLENANDA)」を運営するナンダ(NANDA)社の全株式を取得し、傘下に収めた。買収額は明らかにしていない。

 スタイルナンダは2004年、キム・ソヒ(So Hee Kim)最高経営責任者(CEO)が創業。後にビューティに参入し、オリジナルブランドの「3CE」は現在、自社EC、直営店、専門店、百貨店、免税店など販路を広げ、現在ナンダ社の売り上げの7割を担っている。同社の昨年の売り上げは、1億2700万ユーロ(約167億4200万円)。現在、約400人の従業員を抱えている。韓国のほか、日本、香港、シンガポール、マレーシア、そしてタイで事業を手掛ける。

 ロレアルは買収に際して、「『スタイルナンダ』は、韓国や中国のミレニアル世代に大人気のブランド。ソウルの魅力を捉える、エッジーでクリエイティブなブランドだ。韓国や中国から世界中の女の子の“メイクアップ欲”を高めている」とコメント。グループ初のKビューティブランドは、ロレアル・コリアの存在感を高めることも期待されている。まずは「3CE」を世界的ブランドに成長させる考えだ。

 ナンダ社のキムCEOは、「ビューティ業界をけん引するグローバルリーダーになるため」ロレアルの傘下に入ることを決めたようだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら