ニュース

「スタイルナンダ ハラジュク」が初公開 セレモニーに小島瑠璃子が登場

 韓国のナンダが運営するEC発ブランド「スタイルナンダ(STYLENANDA)」の日本初の旗艦店「スタイルナンダ ハラジュク」が5月11日、関係者に公開された。住所は東京都渋谷区神宮前1-6-9 OM169ビルで、原宿・竹下通りのほぼ中央。“ピンクパラダイス”をコンセプトにピンクを基調とした外装で、店内は1階がチケット売り場、2階が同ブランドのコスメ「ホワイトミルク」、3階がピザ屋をコンセプトとした内装に。1、2階でコスメを、3階でアパレルを主に取り扱い、自販機を模した売り場やフォトスポットも常設する。

 また、オープンに合わせて限定商品を発売する。「スタイルナンダ」オリジナルのプチプラコスメブランド「スリーシーイー(3CE)」からリップ(2310円)とハンドミラー(910円)、ポーチ(1550〜1827円)に加え、6000〜7000円相当の「スリーシーイー」コスメが入ったラッキーボックス(1300円)が100個限定で並ぶ。

 11日にはタレントの小島瑠璃子を迎え、ショッピングセレモニーを開催。オレンジのギンガムチェックのワンピースを購入し、「見てても着てても元気になるオレンジはデニムと合わせると可愛いし、これからの季節に良いと思い選びました。また、アンバランスな裾が遊び心あってポイントでした」とコメント。店舗のある竹下通りについて聞かれると「久しぶりに歩いたけれど、通りにある色も歩いている人が持っているものもキャッチーだし、買い物をしたくなる。やっぱり竹下通りは定期的に来ないといけないと思いました。あとスカウトされました!まだまだだな、もうちょっとだなって思いました(笑)」と答え、会場の笑いを誘った。

 オープン初日となる12日には、「スタイルナンダ」専属モデルのソラとスアが来店。チェキ撮影会を行う予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら