ファッション

第1回“一番スニーカーが似合う人”に高橋愛、古川雄輝、レイザーラモンRGら

 東京・都内で第1回目となる“スニーカーベストドレッサー賞”が発表され、芸能部門からはタレント・女優の高橋愛、俳優の古川雄輝、スニーカー芸人として知られるレイザーラモンRG、フィットネスモデルのAYA、スポーツ部門からプロテニスプレーヤーの伊達公子、特別賞としてスポーツ庁の鈴木大地・長官が選出された。

 先ほど平昌オリンピック会場から戻ってきたばかりという鈴木大地スポーツ庁長官はインタビューに応じ、「オリンピックはすごい熱気だった。しかしスポーツと言っても、通勤や日常の中で出来ることもたくさんある。3月からはスポーツ庁が中心になって、クールビズならぬ、スポーツビズを霞が関で推進していく」と語った。

 スニーカーベストドレッサー賞は、スニーカーの良さやコーディネートの楽しさの普及を目指し、マッシュスポーツラボの鈴木努社長が代表理事を務める一般社団法人のウェルネスウェンズデー協会が今年からスタートしたもの。アシックスジャパンとアディダス ジャパン、デッカーズジャパンが協賛している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら