ファッション

ヴィクシーのエンジェル 「MK」協賛イベントでカラダづくりを語る

 マイケル・コース(MICHAEL KORS)は10月17日(ニューヨーク現地時間)、重症患者に食事や栄養に関するカウンセリングを提供するニューヨークの慈善団体ゴッズ・ラブ・ウィー・デリバー(GOD’S LOVE WE DELIVER)に賛同してイベントに協賛し、マイケル・コース社会奉仕賞を女優のグウィネス・パルトロウ(Gwyneth Kate Paltrow)に送った。

 イベントにはパルトロウのほか、デザイナーのマイケル・コースとともに飢餓のない世界の実現を目指すキャンペーンに取り組む女優のケイト・ハドソン(Kate Garry Hudson)や、「マイケル・コース コレクション(MICHAEL KORS COLLECTION)」のランウエイでもおなじみのプラスサイズモデル、アシュリー・グラハム(Asheley Graham)らが出席。モデルも多数詰めかけ、イベントを彩った。

 参加したモデルの数人は、11月に上海で開かれる「ヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA'S SECRET)」のランウエイショーに向け、カラダ作りの真っ最中だ。エンジェルの一人、ジャスミン・トオークス(Jasmine Tookes、26歳)は現在、まさに上海でのショーに向けてカラダを作っているところ。「モデル人生の中で、一番遠くまで旅することになるの。とっても楽しみ」と語るが、「ストイックにエクササイズして、健康的な食事に気をつかい、たくさん眠る。あるときはバレエレッスンに参加して、そのあとはヨガ、そしてウエイトトレーニング。特に足を鍛えるの」と大変そうだ。

 同じくイベントに出席したオランダのモデル、ロミー・ストリド(Romee Strijd)は、「私自身飽きやすいから、たくさんエクササイズするの」という。彼女は、「(会員制の高級ジム)『ドッグパウンド(DOGPOUND)』にも通っているし、体幹トレーニングのパイレーツ(PILATES)もお気に入り。走るのも好きよ。エクササイズは大体週に4日くらい。でも毎日トレーニングメニューは変えているわ」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら