ニュース

女性ファッション誌「ジッパー」が24年間の歴史に幕 休刊を発表

 祥伝社が出版する女性ファッション雑誌「ジッパー(Zipper)」が、12月22日発売の12月号をもって休刊する。

 「ジッパー」は1993年に創刊。10代の女性を対象に原宿のファッションやカルチャーを発信する青文字系ファッション誌の代表として24年間発行を続けてきた。しかし、2014年12月号に読者の嗜好とメディアへの接し方が変わったとして、月刊誌から季刊誌へと刊行形態を変更し、3月、6月、9月、12月の年4回の発行となっていた。

 休刊に際し、公式ツイッターでは「zipperの休刊は、単なる雑誌の休刊以上の意味があると思っています。かつてzipperっ子だったあなたと、今zipperっ子のあなたとみんなで最終号までzipperを盛り上げていきたいです」と感謝のコメントを綴っている。

 また、休刊前最後となる12月号の表紙は、女優でモデルの高橋愛が飾る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら