ニュース

女性ファッション誌「ジッパー」が24年間の歴史に幕 休刊を発表

 祥伝社が出版する女性ファッション雑誌「ジッパー(Zipper)」が、12月22日発売の12月号をもって休刊する。

 「ジッパー」は1993年に創刊。10代の女性を対象に原宿のファッションやカルチャーを発信する青文字系ファッション誌の代表として24年間発行を続けてきた。しかし、2014年12月号に読者の嗜好とメディアへの接し方が変わったとして、月刊誌から季刊誌へと刊行形態を変更し、3月、6月、9月、12月の年4回の発行となっていた。

 休刊に際し、公式ツイッターでは「zipperの休刊は、単なる雑誌の休刊以上の意味があると思っています。かつてzipperっ子だったあなたと、今zipperっ子のあなたとみんなで最終号までzipperを盛り上げていきたいです」と感謝のコメントを綴っている。

 また、休刊前最後となる12月号の表紙は、女優でモデルの高橋愛が飾る。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら