ファッション

メンズファッション誌「センス」が休刊 22年の歴史に幕

 メンズファッション誌の「センス(SENSE)」が7月号(6月9日発売)をもって休刊する。

 同社は、「定期誌としての『センス』は一旦休止いたしますが、EC(ブラックセンス)やSNS等に関しましては、継続の可能性を含めて新しい動きがあり次第、随時ご報告させていただきます」とした。

 また、守谷聡センス社長兼「センス」編集長は、「若干27歳で始めた小さな雑誌が、パリ・ミラノコレクションに参加させていただいたり、世界的に有名なブランドと一緒にコラボレーションできたり、日本を代表する数々のアーティストの方にご出演いただいたり、当時は夢にも思いませんでした。自分が生んだ『センス』に数えきれないほどの人たちが集い、22年間も打ち込めた雑誌人生は本当に幸せでした。残り2号も変わらぬクオリティーでお届けいたしますので、最後まで温かく見守っていただけたら幸いです。本当にありがとうございました」とコメントした。

 「センス」は2000年に創刊。男が憧れる“黒”スタイルを追求してきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら