ファッション

女性誌「ラルム」休刊 今後はウェブに注力

 徳間書店が発行する女性誌「ラルム(LARME)」は、3月17日に発売した5月号を最後に休刊する。今後はリソースをウェブ関連に集中させていくという。同社は休刊の理由について「近年、雑誌マーケット全体が縮小し、読者の嗜好も多様化する中、さまざまな状況を鑑み休刊を決定した」としている。

 「ラルム」は2012年9月に創刊。当時26歳の若さで中郡暖菜氏が創刊編集長となり、創刊1年で発行部数23万部の人気雑誌に成長させるなど話題になった。“甘くて、かわいい♡ 女の子のファッション絵本”をコンセプトに、ファッションを見せることだけでなく、作り込んだ世界観を読者に伝えることをテーマに発行してきた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら