ビジネス

「グラインド」を発行するミディアムが破産 一部雑誌は継続の意向

 帝国データバンクによると、「グラインド(GRIND)」などを発行するミディアムは3月6日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。負債額や2018年12月期末時点で約2億円。

 同社は1988年10月に設立。カタログの受託編集のほか、メンズファッションカルチャー誌の「グラインド」や「オーリー(Ollie)」、女性向けのストリート誌「パーク(PERK)」、女性向けライフスタイル誌「ナイスシングス(nice things.)」などを発行。今回の件を踏まえ、3月に発行を予定していた号は全て発売を中止。ミディアムをはじめ各媒体の公式サイトはアクセスできない状態になっている。

 なお、ミディアムが発行していた一部の媒体事業は他社に譲渡し、継続する意向で、継続媒体の一部スタッフも引き続き関わっていく予定だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら