ファッション

「ベイプ」“b”コレクションの新作発売 今シーズンからユニセックスで

 「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R))」は4月4日に、“b”コレクションの新作を「ベイプ」正規取り扱い店で発売する。大阪・心斎橋にオープンするベイプ ストア(R)コム デ ギャルソン(BAPE STORE (R)COMME DES GARCONS)大阪と公式ECサイトでは4月3日に先行発売する。

 2019年にウィメンズラインから誕生した同コレクションは、ブランドの頭文字からとった“b”とアイコニックな“エイプヘッド”を融合したデザインが特徴。今シーズンからは“b”に加えて、“a”フォントをモチーフにしたデザインも登場する。アイテムはTシャツ(5800円~)やシャツ(1万5800円~)、フーディー(2万1500円)などの定番アイテムをユニセックスでそろえる。胸元のワンポイントにパッチを施したシンプルなものからフロントやバックに大きめにプリントしたものなど、オリジナルフォントを使って洗練された印象のコレクションに仕上げた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら