ファッション

「リーボック」が「ミタスニーカーズ」とのコラボスニーカー発売 “東京タワー”から着想

 「リーボック(REEBOK)」は4月3日、国井栄之クリエイティブ・ディレクターが手掛ける「ミタスニーカーズ(MITA SNEAKERS)」とのコラボスニーカー“ジグキネティカ MS ‘トウキョウシティ ライツ’ ミタスニーカーズ”(ZIGKINETICA MS ‘TOKYO CITY LIHGTS’ MITA SNEAKERS)を発売する。価格は1万2000円で、サイズは24.5~30.0cm、31.0cmを用意。

 同スニーカーは2019年11月に発売した新モデル“ジグキネティカ”をベースに、“東京タワー”から着想を得て製作。“東京タワー”のライトをイメージした鮮やかなオレンジカラーで、アッパーからシューレース、ソールまでをワントーンで仕上げた。アッパーには通気性に優れたナイロンメッシュを、インソールには「ミタスニーカーズ」のアイコンである“Chain Link Fence(金網)”と“TOKYO CUSTOM MADE”を意味する“東京改”という文字を施したほか、両者のブランドロゴを配した。さらに着脱をスムーズにする“プルストラップ”を用いて実用性も持たせた。

 “ジグキネティカ”は、09年に誕生したランニングシューズ“ジグ(ZIG)”をベースに、ファッションシーンにも違和感のないシューズとしてアップデートした新モデル。これまで、英ブランド「ガーブストア(GARBSTORE)」創設者兼デザイナーのイアン・ペイリー(Ian Paley)とのコラボモデルや、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)が手掛ける「ビリオネア ボーイズ クラブ(BILLIONAIRE BOYS CLUB)」とのコラボモデルを販売した。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら