ファッション

「リーボック」が「ビリオネア ボーイズ クラブ」とコラボ ロサンゼルスで開催された「コンプレックスコン」で発表

 「リーボック(REEBOK)」は、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)が手掛ける「ビリオネア ボーイズ クラブ(BILLIONAIRE BOYS CLUB)」との限定コラボモデルを、今年11月に米・ロサンゼルスのロングビーチで開催された世界最大のスニーカー・ストリートファッションの祭典「コンプレックスコン(ComplexCon)」で発表した。

 同コラボは、今年11月に発売した新モデル“ジグキネティカ コンセプトタイプ1(ZIGKINETICA CONCEPT TYPE 1)”のコラボプロジェクトの一環で、両者のコラボは約15年ぶりとなる。シューズは宇宙空間をモチーフに、星のデザインをアッパーに散りばめたグリーンカラーとパープルカラーのシューズ全2型を用意する(日本国内での販売予定はない)。

 「ビリオネア ボーイズ クラブ」は、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)と「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R))」のNIGO(R)デザイナーが2005年に立ち上げたブランドだ。ブランドのモットーとして、「富はポケットではなく心と心からのもの」を掲げ、ウエアからシューズ、アクセサリーまで幅広く取りそろえている。また同時期には、シューズブランド「アイスクリーム(ICECREAM)」も立ち上げている。

 “ジグキネティカ コンセプトタイプ1”は、2009年に誕生したランニングシューズ“ジグ(ZIG)”をベースに、ファッションシーンにも落とし込めるシューズとしてアップデートした新モデル。日本では、英ブランド「ガーブストア(GARBSTORE)」創設者兼デザイナーのイアン・ペイリー(Ian Paley)とのコラボモデル第1弾を11月8日に、第2弾を12月4日に発売している。今後、さまざまなデザイナーやブランドとのコラボを行っていく予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら