ファッション

「リーボック」が「ビリオネア ボーイズ クラブ」とコラボ ロサンゼルスで開催された「コンプレックスコン」で発表

 「リーボック(REEBOK)」は、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)が手掛ける「ビリオネア ボーイズ クラブ(BILLIONAIRE BOYS CLUB)」との限定コラボモデルを、今年11月に米・ロサンゼルスのロングビーチで開催された世界最大のスニーカー・ストリートファッションの祭典「コンプレックスコン(ComplexCon)」で発表した。

 同コラボは、今年11月に発売した新モデル“ジグキネティカ コンセプトタイプ1(ZIGKINETICA CONCEPT TYPE 1)”のコラボプロジェクトの一環で、両者のコラボは約15年ぶりとなる。シューズは宇宙空間をモチーフに、星のデザインをアッパーに散りばめたグリーンカラーとパープルカラーのシューズ全2型を用意する(日本国内での販売予定はない)。

 「ビリオネア ボーイズ クラブ」は、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)と「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R))」のNIGO(R)デザイナーが2005年に立ち上げたブランドだ。ブランドのモットーとして、「富はポケットではなく心と心からのもの」を掲げ、ウエアからシューズ、アクセサリーまで幅広く取りそろえている。また同時期には、シューズブランド「アイスクリーム(ICECREAM)」も立ち上げている。

 “ジグキネティカ コンセプトタイプ1”は、2009年に誕生したランニングシューズ“ジグ(ZIG)”をベースに、ファッションシーンにも落とし込めるシューズとしてアップデートした新モデル。日本では、英ブランド「ガーブストア(GARBSTORE)」創設者兼デザイナーのイアン・ペイリー(Ian Paley)とのコラボモデル第1弾を11月8日に、第2弾を12月4日に発売している。今後、さまざまなデザイナーやブランドとのコラボを行っていく予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら