フォーカス

新品スニーカーのダメージ加工にドキドキ! プロの度胸に感服な「ゴールデン グース」のカスタマイズ

 個性を尊重する潮流と、1点モノの制作が容易・可能になった技術革新の結果、ファッション&ビューティ業界では「パーソナライズ」や「カスタマイズ」、いわゆる世界に(ほぼ)1つの品物を作るサービスを提供するブランドや企業が増えています。そこで「WWD JAPAN.com」は、トレンドや最新ムーブメントを知るからこそのアイデアを形にしてもらいながら、サービスの利便性や価格、パソコンやスマホ使ったパーソナライズのユーザビリティーなどを検証します。

 パーソナライズ連載の3回目は、「ゴールデン グース(GOLDEN GOOSE)」。初回の時計「ボーム(BAUME)」は、最初から最後まで自分で決めるカスタマイズ。2回目の「リーバイス(LEVI’S)」は、自分のアイデアを職人さんがブラッシュアップする形のカスタマイズ。ゆえに3回目の「ゴールデン グース」では、職人さんが感性と経験をベースに主導してくれる形のカスタマイズに挑戦しましょう。ということで早速、東京・南青山にある旗艦店にGO!!今回は、スニーカーに「ゴールデン グース」と言えば、のダメージ加工をガンガン施すカスタマイズです。

 ところで皆さん、「ゴールデン グース」のスニーカーって、なんであんなにビンテージ加工が“てんこ盛り”なのか、ご存知ですか?実はムラカミ、「“てんこ盛り”なのはイタリアンブランドだから」と“知ってるつもり”でしたが、どうしてビンテージ加工なのか?までは存じ上げませんでした。そこで恥ずかしながら「なぜ?」と尋ねると、スケートボーダーが愛用のスニーカーを履き潰しているカンジがインスピレーション源なのだそう!!

 そう教えてくれたのは、青山店のスタッフ、ダヴィデ・チェザリーニ(Davide Cesarini)さん!!ミラノとドバイ、北京、香港、そして東京限定のサービスという、買ったスニーカーのカスタムビンテージ加工の担当者です。母国イタリアで修行を積んでから、はるばる日本にやってきてくれました。

 東京の旗艦店で体験できる、購入した「ゴールデン グース」のスニーカーへのオールカスタムのビンテージ加工のお値段は、1万3000円。後述しますが、2万5000円の豪華版をオーダーすると“オマケ”もついてきます(笑)。「高っ!!」と叫ぶほどではありません。今回選んだのは、純白の“スターダン”。ブランドを代表するアイコンなのはもちろん、真っ白で“汚し甲斐がありそう”だったから、であります。店頭でモデルを選ぶと、早速、ミステリアスな別室へ。そこには、イタリア直輸入という巨大なサンディングマシーンがドカン!!ダヴィデさんはこれを駆使して、20~30分後には世界で1つのスニーカーに仕上げてくれると言います。

 経験も豊かだし、そもそも感性を重んじるイタリアンだからでしょうか(笑)?ダヴィデさん、「色は何色がいい?加工は多め?少なめ?」を確認すると、どんどん作業を始めます。アッパー、シュータン、ソール……。真っ白なスニーカーのレザーは、サンディングマシーンに触れるたびに削れたり、めくれたり。ブラシに黒い顔料をちょっぴり含ませれば、スニーカーはどんどん“汚れ”ていきます。

 それが「ゴールデン グース」の持ち味とは言え、純白のスニーカーが見る見るうちに“ボロボロ”になっていくのは、正直ちょっとドキドキします。ダヴィデさんに、カスタムを担当するようになった最初の頃について話を聞くと、「1足500ユーロ(約6万円)以上のスニーカーだからね。加工は『やり直し』ができないから、最初の頃は、本当にドキドキしたよ(笑)」と教えてくれます。でしょうねぇ(笑)。正直、自分だったらこんなに躊躇せず、スニーカーを機械には突っ込めません。現地で1カ月、この加工を学び続けただけのことはあります。イタリアの職人は、マジックで書き込んだ単語のスペルを間違えても、うまく誤魔化せるそうです(笑)。今回のカスタマイズについては、職人さんに主導してもらうのが正解と言えましょう。自分だったら、機械の前に立ち尽くして、高速回転するブラシにスニーカーを出しては引っ込めを繰り返し、結局「できません!! 」と諦めるか、本当にボロボロにしてしまうかのどちらかでしょう。もちろん作業の合間には、「星のパッチも緑にしていいかな?」「文字はどうする?」「色は、単色の方がスマートに見えると思うけれど……」と随時相談してくれるから、「自分好みの1足が出来上がった」という満足度も高いです。

 カスタマイズはシューレースも変え、さらにはヒモにさえダメージを加え、チャームを付けて完成です!!所要時間は、本当に25分!!作業は見ていても飽きないし、機械はレザーを削った時に生まれるゴミや粉塵もぜ~んぶ吸い取ってくれるので、吸い込んじゃう心配もありません。「ゴールデン グース」らしいビンテージ感ながら、純白に緑一色ゆえスマートにも見えるスニーカーが完成しました!!

 カスタマイズのスニーカーは、サービスを申し込んだ人しかもらえないレインコートとゴーグル、そしてマスクと一緒にショッピングバッグに入れてくれます。この3点セットは、2万5000円の中に含まれるもの。そう考えると、このカスタマイズ、そんなに高くないって思いませんか?レインコートは、フェスとかに使えそう。早速記念撮影して、大満足でお店を後にしました!!

最新号紹介

WWD JAPAN

業界の垣根を超えたマッチング企画 あの企業、あの人へのラブレター

「WWDジャパン」9月28号は、「業界の垣根を越えたマッチング企画 あの企業、あの人へラブレター」特集です。「ONE WWD JAPAN」としてファッションとビューティを一つにすることを掲げる私たちは、両業界の懸け橋となるべく企画を実施。業界の垣根を越え、どんな企業や人と組みたいかを募ったところ、総勢33ものファッション&ビューティ業界人とブランドが、熱い思いを手紙や色紙で表現してくれました。新た…

詳細/購入はこちら