ファッション

「ミタスニーカーズ」と「ジバンシィ」がコラボ スニーカーをゲリラリリース

 国井栄之がクリエイティブ・ディレクターを務める「ミタスニーカーズ(MITA SNEAKERS)」と「ジバンシィ(GIVENCHY)」は9月29日、コラボスニーカー“ジョー(JAW)”を発売する。価格は9万5000円。

 “ジョー”は、クレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)=「ジバンシィ」アーティスティック・ディレクターが手掛けた初のメンズスニーカーとして、2018-19年秋冬コレクションで発表された。60~70年代のトラックシューズや90年代に登場したハイテクスニーカーなどの要素を取り入れており、鮫の歯をイメージした分割式のソールが特徴のスニーカーだ。

 コラボスニーカーは、日本伝統の「花札」をイメージし、松と鶴、日の丸で紅白を表現した絵札“松に鶴”から着想を得た。アッパーには、「ジバンシィ」のメード・イン・イタリーならではの上質なスエードやヌバックを採用しながら、反射材やエナメルのパイピングをアクセントに加えている。インソールには「ジバンシィ」と「ミタスニーカーズ」のロゴマークを並べた。

 なお、発売当日は10時から先着での販売となる予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら