ファッション

「ミタスニーカーズ」と「ジバンシィ」がコラボ スニーカーをゲリラリリース

 国井栄之がクリエイティブ・ディレクターを務める「ミタスニーカーズ(MITA SNEAKERS)」と「ジバンシィ(GIVENCHY)」は9月29日、コラボスニーカー“ジョー(JAW)”を発売する。価格は9万5000円。

 “ジョー”は、クレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)=「ジバンシィ」アーティスティック・ディレクターが手掛けた初のメンズスニーカーとして、2018-19年秋冬コレクションで発表された。60~70年代のトラックシューズや90年代に登場したハイテクスニーカーなどの要素を取り入れており、鮫の歯をイメージした分割式のソールが特徴のスニーカーだ。

 コラボスニーカーは、日本伝統の「花札」をイメージし、松と鶴、日の丸で紅白を表現した絵札“松に鶴”から着想を得た。アッパーには、「ジバンシィ」のメード・イン・イタリーならではの上質なスエードやヌバックを採用しながら、反射材やエナメルのパイピングをアクセントに加えている。インソールには「ジバンシィ」と「ミタスニーカーズ」のロゴマークを並べた。

 なお、発売当日は10時から先着での販売となる予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。