ファッション

「アンダーカバー」の春夏はウィメンズも架空のチームを結成 「ナイキ」とのコラボスニーカーも継続

 「アンダーカバー(UNDERCOVER)」は、パリコレでのウィメンズのランウエイショーを先シーズンをもって休止し、2019年春夏はプレゼンテーション形式で発表した。基本コンセプトは先に発表した19年春夏のメンズと同様で、架空の7つのチームを設定。日本で撮影したというチームごとのビジュアルを展示し、その前にアイテムを並べる形式をとった。

 ビジュアルの撮影は守本勝英、スタイリングはデザイナーの高橋盾自身、ヘアメイクは加茂克也、プロップはENZとこれまでも「アンダーカバー」の世界を作ってきたクリエイターが担当しているだけに、世界観はクリアでメッセージがストレートに伝わってくる。

 デヴィッド・ボウイ(David Bowie)など70~80年代のロックスターを撮影したことで知られる英国のフォトグラファー、ミック・ロック(Mick Rock)とのコラボレーションや、デコパージュという技法を用いるNYのアーティスト、ジョン・デリアン(John Derian)とのコラボレーションしたにミステリアスな宇宙のシリーズなど、いずれも音楽やアートといったカルチャーが通底している。メンズの19年春夏にも登場したアニメ「クリィミーマミ」のキャラクターが胸にドンと描かれたニットもある。

 また、「ナイキ(NIKE)」とのコラボレーションしたスニーカーも継続。メンズで発表したデザインをベースに、ウィメンズ用のカラーで登場した。

 展示会場に高橋の姿はなかったが、この発表方法は服やアクセサリーを通じてデザイナー自身とカルチャー談義をしているような気分になる。また、ディテールを見れば見るほど発見があり「アンダーカバー」の良さを引き出す発表方法と言えそうだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら