ファッション

「アンダーカバー」が京都に初の路面店 前夜にS.L.A.C.K.らが登場するイベント開催

 「アンダーカバー(UNDERCOVER)」は、京都・滕屋町(ちぎりやちょう)に国内5店舗目となる路面店を10月20日に開く。店舗面積は117平方メートルで、「アンダーカバー」のメンズとウィメンズの他、「ジョンアンダーカバー(JOHNUNDERCOVER)」「スーアンダーカバー(SUEUNDERCOVER)」「ザ・シェパード アンダーカバー(THE SHEPHERD UNDERCOVER)」など、全ラインを取り扱う。

 オープン前日の10月19日には、前夜祭「ヘイト・ダンス・ラブ・ディスコ(HATE DANCE LOVE DISCO)」をWORLD KYOTOで開く。S.L.A.C.K.と前野健太、ZOMBIE-CHANGがライブを行い、高橋盾デザイナーもDJとして登場する。他にも北村信彦「ヒステリック グラマー(HYSTERIC GLAMOUR)」デザイナーや、「アンダーカバー」の写真集を撮影したフォトグラファーの水谷太郎と守本勝英によるユニットのDJ RUNWAY、渋谷の古着屋ボーイ(BOY)オーナーのTOMMYこと奥冨直人らもDJを披露する。パーティーは一般入場が可能で、チケット料金は前売りが3000円で当日が4000円。前売り券は9月1日から発売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら