ファッション

「ゾフ」が眼鏡と東京カルチャーを表現した「トウキョウ ガイド マップ」創刊

 アイウエアブランド「ゾフ(ZOFF)」を運営するインターメスティックは、眼鏡と東京の最新カルチャートレンドをガイドマップ風にまとめたタブロイド冊子「トウキョウ ガイド マップ アイ アム ア ヒーロー!(TOKYO GUIDE MAP EYE am a HERO!)」を創刊した。9月1日から国内204店舗、香港3店舗、シンガポール3店舗(店舗数は7月末現在)の「ゾフ」の店舗の他、飲食店、美容院などで配布する。

 人々の生活と眼鏡に新しい接点を作り、眼鏡の魅力を伝えることが目的で、「ゾフ」が今年設定したスローガン“アイ アム ア ヒーロー”を表現している。44ページの構成で、俳優やモデルなど約50人を起用し、写真家・草野庸子が東京の風景と人物を通して“東京カルチャー”を表現する写真を撮り下ろした。俳優の栁俊太郎、女優の新音、オルタナティブ・フォーク・デュオのjan and naomi、花梨、琉花、野田雄紀kiki harajukuオーナーシェフの7人は店頭ビジュアルにも起用する。撮影場所は、大田区の城南島海浜公園スケボー広場、下北沢の珉亭、原宿の松本青果など。「ゾフ」は同冊子を通して、東京生まれのカルチャーブランドとして海外にも存在感をアピールしたい意向だ。

 今後も継続的に発行する予定だが、2号目以降の発行日は未定。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら