ファッション

アートディレクターにとんだ林蘭を起用 「ゾフ」2018年サングラスコレクション発売

 インターメスティックが手掛けるアイウエアブランド「ゾフ(ZOFF)」は4月13日から、2018年サングラスコレクション発売する。今回のコレクションでは300種類以上のデザインを用意し、価格は3500〜9500円。レンズはUVを99.9%以上カットする機能を備えている。メーンビジュアルのモデルにはシンガーソングライターのあいみょんと、ロックバンドのナルバリッチ(Nulbarich)のリーダーでシンガーソングライターのJQを起用。アートディレクターをアーティストのとんだ林蘭が務める。

 とんだ林は「サングラスはほとんどの人にとって、日差しが強い時間だけに着ける、日常の中の少し非日常的なアイテムだと思います。今回のビジュアルでは、そんな常識や照れをとっぱらった、いつでもどこでも、自分が着けたいときに着けるという自由さをコンセプトにしました」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら