ファッション

「ゾフ」が香港、シンガポール出店でアジア進出本格化

 インターメスティックは11月25日、アイウエア「ゾフ(ZOFF)」の香港1号店(約94平方メートル)をシティープラザに、またルミネ初の海外施設となるルミネ シンガポールに同国3号店(約77平方メートル)を同時オープンした。インターメスティックはすでに中国・上海に現地法人を持つ。2016年には香港とシンガポールにも現地法人を設立し、アジア市場進出を強めていた。

 同社は香港でフォン・ホールディングス(Fung Holdings)傘下で、「サークルK」などのコンビニエンスストア事業を展開するリテールをコンビニエンス・リテール・アジア(Convenience Retail Asia Limited)社とフランチャイズ(FC)契約を締結しており、21年までに香港、マカオ、華南エリアで約35店舗、シンガポールでは20年までに最大20店舗の出店を目標にしている。中国には現在18店舗を構える。日本国内の店舗数は197(11月末現在)。

 フォン・ホールディングスは大手商社リー&フォン(Li & Fung)や、「コーチ(COACH)」などのブランド事業をアジアで展開するグローバル・ブランズ・グループ(Global Brands Group)を傘下に持ち、グループの年商は2兆5000億円に達する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら