ファッション

「ゾフ」が香港、シンガポール出店でアジア進出本格化

 インターメスティックは11月25日、アイウエア「ゾフ(ZOFF)」の香港1号店(約94平方メートル)をシティープラザに、またルミネ初の海外施設となるルミネ シンガポールに同国3号店(約77平方メートル)を同時オープンした。インターメスティックはすでに中国・上海に現地法人を持つ。2016年には香港とシンガポールにも現地法人を設立し、アジア市場進出を強めていた。

 同社は香港でフォン・ホールディングス(Fung Holdings)傘下で、「サークルK」などのコンビニエンスストア事業を展開するリテールをコンビニエンス・リテール・アジア(Convenience Retail Asia Limited)社とフランチャイズ(FC)契約を締結しており、21年までに香港、マカオ、華南エリアで約35店舗、シンガポールでは20年までに最大20店舗の出店を目標にしている。中国には現在18店舗を構える。日本国内の店舗数は197(11月末現在)。

 フォン・ホールディングスは大手商社リー&フォン(Li & Fung)や、「コーチ(COACH)」などのブランド事業をアジアで展開するグローバル・ブランズ・グループ(Global Brands Group)を傘下に持ち、グループの年商は2兆5000億円に達する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら