ファッション

パルコがJR川崎駅前に11カ所目の「ゼロゲート」

 パルコは2019年秋に、JR川崎駅前に中規模商業施設「川崎ゼロゲート(仮称)」をオープンする。地上2階建ての建物を1棟賃借し、パルコがテナントを選定&誘致する。JR川崎駅東口のバスロータリーに隣接する好立地の、有名なライブハウス「クラブチッタ」のすぐそばで、駅前の大通りが交差する角地になる。外壁は延べ100mに達するガラスのカーテンウォールとし、にぎわいを演出する。投資金額は約1億円、延べ床面積は約3400平方メートルになる。

 パルコ運営する中規模商業施設「ゼロゲート(ZEROGATE)」は渋谷や名古屋などに続き、川崎で10カ所目(計画含む)。「ゼロゲート」には、大型商業施設業態「パルコ」が未出店エリアの開拓を進めるという狙いもあり、大都市を中心に出店を拡大している。

 川崎駅西口側では三井不動産が手掛ける大規模SC「ラゾーナ川崎」が大成功を収めるなど、同駅周辺エリアは新たな商業立地として注目を集めている。「川崎ゼロゲート」のテナント構成などの詳細は今後詰めていく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら