ニュース

10月18日に初披露 日本初のパルコ接客ロボットはこんな形

 パルコはITシステム大手の日本ユニシスと08ワークスの2社と共同で、商業施設の業務に特化したロボット「シリウスボット(Siriusbot)」を開発した。10月18〜25日まで、池袋パルコで初お披露目する。店頭ではお客からの質問を聞いて、日本語と英語のバイリンガルで対応。探しているショップや施設情報を音声と画面で案内したり、一緒に移動して目的地まで案内したりできるという。閉店後は、商品に取り付けてある電子タグにより商品を識別し、棚卸しなど販売業務のサポートも行える。

 「シリウスボット」はパルコなど3社が、2016年に東京都立産業技術研究センターの開発した試作ロボ「リブラ(LIBRA)」をベースに、商業施設や小売店などの業務に特化した機能を持っている。上部にはタッチパネル式のディスプレーを搭載しており、横幅が55cm、縦幅が約1mと小ぶりで、小さな子どもから大人まで、多くの人が訪れる商業施設でも安全面に配慮して、障害物センサーを搭載し自動で停止する。年初に発表した「リブラ」に比べ、すっきりとしたシルエットに変わった。

 池袋パルコ店5階には10月18〜25日の午後3〜7時、11月4日開業の上野フロンティアタワー内の「パルコヤ(PARCO_ya)」には内覧会を含む10月31日〜11月12日に登場する予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら