ニュース

日立のロボットがSCで接客 目的地まで歩いて誘導

 日立製作所と日立ビルシステム、三井不動産の3社は、ヒューマノイドロボット「エミュースリー(EMIEW3)」を活用した店舗案内サービスの実証実験を行う。三井不動産の商業施設ダイバーシティ東京 プラザで、2月17〜24日(ステップ1)と4月14〜21日(ステップ2)に実施する。

 実験では、日立が開発した「エミュースリー」が来店客に対して、店舗や商品メニューなどの情報案内や目的地への案内をフードコートや館内で行う。インバウンド向けの案内も想定し、日本語だけではなく、英語と中国語にも対応する。ステップ1では主に情報の案内を行うが、ステップ2では実際にフロア内を走行し、目的地まで案内する予定だ。

 「エミュースリー」は、店舗や公共施設において、サポートを必要とする客の元に自ら移動し、接客・案内サービスを行うことを目的に開発されたヒューマノイドロボット。複数台のロボット間での情報共有やサービスの引き継ぎを行う機能、転倒しても自ら起き上がる機能なども搭載する。

【関連記事】
■パルコがクラウドソーシングを使った通訳サービスを開始
■パルコが今秋からロボットの実証実験 接客や棚卸をサポート
■ソフトバンクが初のロボット・ランウエイを開催

最新号紹介

WWD JAPAN

求ム!次世代D2Cブランド アメリ、サティス製薬、ファブリックトウキョウなど有力企業のキーパーソンが語る「D2Cブランドの作り方」

「WWDジャパン」9月14日号は、「次世代D2Cブランドの作り方」特集です。「アメリ(AMERI)」「ファブリックトウキョウ(FABRIC TOKYO)」「オブジェクツアイオー(OBJECTS.IO)」「メデュラ(MEDULLA)」など、ファッションとビューティ業界の日本を代表する有力D2Cブランドの創業者たちが、ブランドの立ち上げから運営、ブランドの今後までを惜しげもなく公開。側面からブランドを…

詳細/購入はこちら