ニュース

ストライプが今期168の新規出店 際立つ拡大路線

 ストライプインターナショナルは、今期(2018年1月期)、グループで国内168店舗の新規出店を計画する。郊外型ショッピングセンター向けの「グリーンパークス(GREEN PARKS)」で40店舗、昨年春にデビューした「アメリカンホリック(AMERICAN HOLIC)」で19店舗、子会社であるキャンの「SM2(サマンサモスモス)」関連業態で35店舗などが中心になる。アパレル不況で新規出店に慎重な企業が多い中、攻めの姿勢を鮮明にし、市場シェアの奪取に動く。

 一昨年からワールドやTSI ホールディングス、イトキンなど大手アパレルによる大量閉店が相次いだが、石川康晴・社長はショッピングセンターでこれらの跡地を狙うと公然と宣言してきた。昨年春に立ち上げた「アメリカンホリック」は、初年度に一気に38店舗を開き、関係者を驚かせた。前期(17年1月期)ではストライプ単体およびキャンのグループ合計で184店舗を新規に出している。

 今期も昨年夏に買収したアルファベットパステルを含めて前期実績に近い出店を行う。前述のブランド以外にも主力の「アースミュージック&エコロジー(EARTH MUSIC&ECOLOGY)」では新規に20店舗を出店し、期末店舗数は291店舗になる予定。またの女性に向けた新ブランド「ガレージ オブ グッド クロージング(GARAGE OF GOOD CLOTHING)」を5店舗出店する見通しだ。グループ店舗数は前期に比べて純増113の1380店舗になる。

 ただ、16年1月期に1257億円だったグループ売上高は、17年1月期は「1200億円を超える見込み」(同社)にとどまり、積極的な出店が増収に結びついてない。今期は「売上高1400億円を超える規模まで成長を予定」(同社)しており、内訳はストライプ単体で990億円、キャンやアルファベットパステルなどの国内グループ会社で390億円、中国などの海外グループ会社で50億円を想定する。

【関連記事】
■ストライプが中国に大型店 競合他社の50ブランドを売る
■渋谷パルコパート2跡にホテル誕生 「コエ」のグローバル旗艦店がオープン
■ストライプ「コエ ハウス」1号店が自由が丘にオープン エコなライフスタイルショップ