ファッション

パリの「レクレルール」が素材×デザイナーコラボを発表

 パリのセレクトショップ「レクレルール」が、日本のエイガールズ、イタリアのリリアとファリエロサルティ、ボノット、スイスのショーラーという有力なテキスタイルメーカー5社と、「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST.)」「キミノリ モリシタ(KIMINORI MORISHITA)」「ヤン リー(YANG LI)」、「ユマ ワン(UMA WANG)」、「グレッグ ローレン(GREG LAUREN)」「シロウ サカイ(SHIRO SAKAI)」ら気鋭のデザイナー9組とコラボレーションしたカプセルコレクションを制作した。

アイテムは、素材見本市「プルミエール・ヴィジョン(PV)」の会場内で展示し、来月のファッションウィークに合わせ、「レクレルール」の一部店舗で販売する。このプロジェクトを担当したマーク・レブロン(Marc Leblond)=「レクレルール」特別プロジェクト担当は、「今回取り上げたテキスタイルメーカーとデザイナーはいずれもコマーシャルな限界にとどまらず、純粋にクリエイティブなものを追求するマインドを持った企業とクリエイター。過去の良い技術やアーカイブを現在のマーケットに合わせるための情熱は、僕らとも共通している。シルクのモール糸を使ったエイガールズの裏毛ニットには一目惚れして、すぐに彼らに連絡を取った」という。

 カプセルコレクションに参加したデザイナーは他にミラノを拠点にする「ミアオラン(MIAORAN)」「アーキビオ J.M. リボット(ARCHIVIO J.M. RIBOT)」「ソング・フォー・ザ・ミュート(SONG FOR THE MUTE)」。カプセルコレクションは「レクレルール」が軸になり、テキスタイルメーカーとデザイナーをコーディネート。「キミノリ モリシタ」はエイガールズとリリア、「ユマ ワン」はリリア、「ヤン リー」はボノットとショーラーの素材を使ったアイテムを制作した。

【関連記事】
■一足早く2018年春夏のトレンドを発信 パリの素材見本市
■「ミラノ・ウニカ」が提案する18年春夏のテキスタイルトレンド

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら