ファッション

パルコが今秋からロボットの実証実験 接客や棚卸をサポート

 パルコは今秋、多機能ロボットを店内に設置して、来店客とテナント従業員に向けて実証実験を行う。08ワークスおよび日本ユニシスとの共同事業体によって、ショッピングセンターでの案内に特化したロボットを開発。都内数店舗にロボットを設置し、来店客とテナント従業員に向けてサービスを提供する。

 来店客に向けては、テナント情報や施設情報を対話形式かつマルチリンガルで提供。自律走行機能を実装し、指定のテナント・施設まで移動案内を行う。国内だけではなく海外からの来客に対して、買い物での問題解決を目指す。

 一方、テナント従業員に向けては、ICタグや自律走行機能を活用して、ショップの棚卸し業務をサポートする。具体的には、ICタグリーダーの実装などを予定する。従業員にとって大きな負担となる棚卸し業務をサポートすることで、負担を軽減する。

 パルコは、東京都立産業技術研究センター(以下、都産技研)が実施する「平成28年度 公募型共同研究開発事業」に採択された。研究開発などの諸費用を3000万円まで都産技研が負担し、試作ロボット「リブラ(LIBRA)」をベースに新たなロボットを開発する。

 同社はデジタル環境を整えて、新たな消費体験の提供を推進している。2016年7月には仙台パルコ2で、完全自律型ロボット「ナビー(NAVii)」(米フェローロボッツ社)と「ペッパー(Pepper)」を期間限定で導入し、接客業務のサポートを行った。テナント従業員向けのサービスを含む、ロボットの導入はこれが初めて。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら