ファッション

ゾフ200店の店長 「ゾフ音頭」で熱狂

 アイウエアの「ゾフ(ZOFF)」を手掛けるインターメスティックは1月25日、店長のモチベーション向上を目的とした社内イベント「ゾフ店長祭2018」を東京・渋谷のサウンド ミュージアム ビジョン(SOUND MUSEUM VISION)を借り切って開催した。同イベントは昨年に次ぐ2回目で、昨年オープンしたシンガポール店、香港店を含む200店以上の店長、本社勤務の社員ら約350人が参加した。

 大きな特徴は、社内イベントにしては、作り込まれたコンテンツの充実ぶりだ。ラッパーあっこゴリラのライブ、書家・吉川壽一によるライブドローイング、店長によるクイズ大会、モデル田中里奈がプレゼンターを務めた売り上げ上位店の表彰。そして、クライマックスはフィナーレに全員で踊ったゾフ音頭だ。ヤマモトショウ(元ふぇのたす)の作詞・作曲、ラッキィ池田の振り付けで昨年制作された「ゾフ」の団結力の象徴だ。

 同社の上野博史・専務取締役チーフ・デザイン・オフィサーは「ブランドの変化、発展のためには、まず社内のモチベーションを高めていくことが大切だ。その先頭に立つのが店長。彼らの頑張りを評価し、サポートしていくことが、顧客満足度や売り上げの向上につながる。『ゾフ』は眼鏡の主役を目指す。そのためには店長が主役になることが必要だ」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら