ファッション

ヴァージル・アブローがMoMAとのコラボ“エア フォース 1”を発表

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」を手掛けるヴァージル・アブローが、以前から噂されていたニューヨーク近代美術館(MoMA)と「ナイキ(NIKE)」とのコラボ“エア フォース 1(AIR FORCE 1)”を発表した。

 ヴァージルと「ナイキ」によるコラボ“エア フォース 1”は、昨年11月にスニーカーのリデザインプロジェクト「THE TEN」と“エア フォース 1”の誕生35周年を記念したプロジェクト「AF-100」で白ベースのモデルがラインアップされていたが、今回発表されたのは黒をベースとし、スウッシュはステッチが施されシルバーにアップデートされたモデル。「オフ-ホワイト」の公式インスタグラムによるとMoMAでの限定販売で、“エア フォース 1”に加えソックスなどのアイテムも販売する。価格は175ドル(約1万9000円)。

 すでにヴァージルと親交の深い関係者にはプレゼントされており、「ヴィーロン(VLONE)」を手掛けていたエイサップ・モブ(A$AP MOB)に所属するエイサップ・バリ(A$AP Bari)は自身のインスタグラムに“エア フォース 1”を投稿、ラッパーのリル・ウージー・ヴァート(Lil Uzi Vert)は第60回「グラミー賞(Grammy Awards)」授賞式に着用して現れた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら