ファッション

「ポメラート」創業者が82歳で死去 女性が自分のために買うジュエリーを提案

 伊ジュエリーブランド「ポメラート(POMELLATO)」の創業者ピノ・ラボリーニ(Pino Rabolini)が24日、心臓発作のため死去した。 82歳だった。

 「ポメラート」は1967年にイタリア・ミラノで創業。ピエール・カルダン(Pierre Cardin)など当時活躍していたデザイナーに刺激を受け、ジュエリーにも“プレタポルテ”の概念を取り入れた。伝統的なミラノの金細工技術と職人の手仕事で知られ、“モンテナポレオーネ(MONTENAPOLEONE)”“サッビア(SABBIA)”“ヌード(NUDO)”などユニークなコレクションをそろえる。2013年に「グッチ(GUCCI)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」などを擁するケリング(KERING)傘下に入った。

 ブランド創立50周年を記念して発行された書籍「Pomellato: Since 1967」の中でラボリーニ自身は「私が常に念頭に置いたのは特別な女性ではなく一般の女性だ。女性たちがダイナミックに変わっていく様を目の当たりにし、チェーンやチャームを使ったダイナミックなジュエリーこそ新しい時代の女性たちにふさわしいと思った。同時にデザインや品質、購入しやすい価格も外せなかった。ジュエリーの“プレタポルテ”化に取り組み、ゴールドをモダンジュエリーに発展させようと考えた」と語っている。

 サビーナ・ベッリ(Sabina Belli)=ポメラート最高経営責任者(CEO)は、15年の現職就任時のラボリーニとの面談を振り返り、「非常に控えめで、信頼のおける人物だった。自分の意見を率直に語るが、他人の意見にも耳を傾ける人だった。『ポメラート』に思い残すことはなく、アートの世界でやりたいことがたくさんあると言っていたが、その機会がなかったことが悔やまれる」と語った。

 09~15年にポメラートCEOを務めたアンドレア・モランテ(Andrea Morante)=セルジオ ロッシ(SERGIO ROSSI)会長はラボリーニについて「常に時代の流れに逆らい、新たな道を切り開いた。ジュエリーは男性から女性に贈るものというのが定説だったが、彼が初めて、女性が自分自身のために購入するジュエリーというカテゴリーを作った」とコメントした。ケリングへの売却については「必ずしも経済的な理由ではなく、ブランドの存続を考えてのことであり、正しい選択をした」と語った。

 グイード・ダミアーニ(Guido Damiani)=ダミアーニ社長は「先見性と創造力に富み、現代的なジュエリーの発展に大きく貢献をした。デザイン、ファッション、ジュエリーを統合するマスターだった。とても寂しいが、彼の偉業に深い感謝の念を示したい」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。