ニュース

「ポメラート」50周年を記念したコレクションが登場

 ケリング(KERING)傘下のジュエラー「ポメラート(POMELLATO)」は創業50周年を記念して、“リトラットコレクション”を再定義し、リングとペンダントを50種類発表する。

 「ヴィンチェンツォ・カスタルド(Vincenzo Castaldo)=クリエイティブ・デイレクターと共に、伝統的な『ポメラートらしさ』を再解釈したい。贅沢だがミニマルなデザインで、カボションカットやファセットカットのものも用意する」とサビーナ・ベッリ(Sabina Belli)最高経営責任者(CEO)は語った。

 限定コレクションにはロードクロサイトやゾイサイトなど、希少価値の高いミネラルストーンを使用し、価格はリングが約9500ユーロ(約127万円)。完全予約制で、11月からパリとニューヨークで販売する。

 また、同ブランドは創業者ピノ・ラボリーニ(Pino Rabolini)が発表した最初のリングコレクションをリデザインした“アイコニカコレクション”を販売する。同コレクションは独特のコクーン形状のリングや、ゴールドまたはピンクゴールドを使用したチェーンブレスレットやネックレスなどで構成され、ダイヤモンドをあしらったものもあるという。11月から販売を開始し、価格帯はリングが2360~6550ドル(約26万~73万円)、ブレスレットが9950~2万3000ドル(約111万~257万円)、ネックレスが2180~3270ドル(約24万~36万円)。

 さらに、50周年記念の一環として、“トライ・ミー・オン(Try Me On)”というサービスを開始する。これは50人の顧客に50個のジュエリーを1週間を上限として1点ずつ貸し出すサービスで、既存顧客だけでなく新規顧客も対象となる。ニューヨークのマディソン・アベニュー店限定のサービスだが、今後はその他の店舗でも実施する予定だという。このサービスについてベッリCEOは「リゾート地で他の滞在者が置いて行った本を手に取ってみる感覚」だと説明しつつ、「体験を共有するということ。自分の好きなものを、他の人にも気に入ってほしいから共有する。女性特有の仲間意識だ」と語った。