ファッション

「ジバンシィ」創設者、ユベール・ド・ジバンシィが91歳で死去 オードリー・ヘプバーンの数々の衣装手掛ける

 「ジバンシィ(GIVENCHY)」の創設者、ユベール・ド・ジバンシィ(Hubert De Givenchy)が死去した。91歳だった。家族が12日、2日前のジバンシィの死去をフランスの通信社AFPに伝えた。

 ジバンシィは1952年、自身のメゾンを設立。一番有名なのは、彼のミューズだった女優オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)の数多くの衣装を手掛けたことで、映画「ティファニーで朝食を(Breakfast at Tiffany’s)」のブラックドレスはあまりに有名だ。ヘプバーンは、ジバンシィにとって初の香水となった「ランテルディ(L’INTERDIT)」のインスピレーション源にもなった。また、モナコ公国の公妃だったグレース・ケリー(Grace Kelly)、アメリカ大統領夫人だったジャクリーン・ケネディ・オナシス(Jacqueline Kennedy Onassis)ら、数多くの女性にも愛されてきた。「バレンシアガ(BALENCIAGA)」の創設者、クリストバル・バレンシアガ(Cristobal Balenciaga)ら、デザイナーにも大きな影響を与えてきた。

 昨年はフランス・カンヌで展覧会を開催。「私のドレスは、ファッション界で一番。そう信じ、人々を幸せにしてきた。子供の頃夢見た仕事ができて、幸せな人生だ」と語っていた。

 ジバンシィは88年、36年独立を保ってきたブランドをLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)に4500万ドル(約47億2500万円)で売却。95年まではクリエイティブを監修してきた。その後はジョン・ガリアーノ(John Galliano)、アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)、ジュリアン・マクドナルド(Julien McDonald)、リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)、クレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)と錚々たる面々がデザイナーを務めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。