ファッション

「ジバンシィ」創設者、ユベール・ド・ジバンシィが91歳で死去 オードリー・ヘプバーンの数々の衣装手掛ける

 「ジバンシィ(GIVENCHY)」の創設者、ユベール・ド・ジバンシィ(Hubert De Givenchy)が死去した。91歳だった。家族が12日、2日前のジバンシィの死去をフランスの通信社AFPに伝えた。

 ジバンシィは1952年、自身のメゾンを設立。一番有名なのは、彼のミューズだった女優オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)の数多くの衣装を手掛けたことで、映画「ティファニーで朝食を(Breakfast at Tiffany’s)」のブラックドレスはあまりに有名だ。ヘプバーンは、ジバンシィにとって初の香水となった「ランテルディ(L’INTERDIT)」のインスピレーション源にもなった。また、モナコ公国の公妃だったグレース・ケリー(Grace Kelly)、アメリカ大統領夫人だったジャクリーン・ケネディ・オナシス(Jacqueline Kennedy Onassis)ら、数多くの女性にも愛されてきた。「バレンシアガ(BALENCIAGA)」の創設者、クリストバル・バレンシアガ(Cristobal Balenciaga)ら、デザイナーにも大きな影響を与えてきた。

 昨年はフランス・カンヌで展覧会を開催。「私のドレスは、ファッション界で一番。そう信じ、人々を幸せにしてきた。子供の頃夢見た仕事ができて、幸せな人生だ」と語っていた。

 ジバンシィは88年、36年独立を保ってきたブランドをLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)に4500万ドル(約47億2500万円)で売却。95年まではクリエイティブを監修してきた。その後はジョン・ガリアーノ(John Galliano)、アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)、ジュリアン・マクドナルド(Julien McDonald)、リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)、クレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)と錚々たる面々がデザイナーを務めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。