ファッション

英セント・マーチン生が“京都の職人技”を「ルルレモン」のウエアで表現

 カナダ・バンクーバー発ブランド「ルルレモン(LULULEMON)」は3月13日、英セント・マーチン美術大学の学生とコラボレーションしたウィメンズウエアを発売した。世界の「ルルレモン」の一部店舗と公式オンラインストアで取り扱い、日本ではギンザ シックス(GINZA SIX)、新宿マルイの店舗および原宿、心斎橋の「ルルレモン」ショールームで販売している。

 同コレクションは6種類のプリント柄で構成され、ブラトップ(税込7200円)とタイツ(同1万8800円)をそろえる。デザインのモチーフは日本の古都・京都で、「ルルレモン」のデザインチームも実際に現地を訪れた。デザインチームは、日本のもの作りを支える職人の手さばきなど、動きの美学から生み出されるモノに着目し、“Art of Motion(動の術)”というコンセプトに行き着いた。

 セント・マーチン美術大学の学生らはこのコンセプトを解釈し、水彩や書道などの技法の他、陶磁器をほうふつとさせる艶出し・墨・孔版印刷技術を用いて、日本の職人が表現する美意識“SHIBUI(渋い)”をイラストに落とし込んだ。そのイラストはデザインチームによってデジタル化され、ボディー・マッピング技術を用いて、身体の曲線を引き立てるプリント柄に再構築された。

 セント・マーチン美術大学はロンドン芸術大学のカレッジの1つで、アート、デザイン、ファッション、舞台芸術などの領域で国際的に知られる教育機関だ。卒業生には、デザイナーのステラ・マッカートニー(Stella McCartney)、アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)や俳優のコリン・ファース(Colin Andrew Firth)らがいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。