ファッション

ジョエル・ロブションが死去 「ジェラート ピケ」で“世界一美味しい部屋着”を作ったマッシュ近藤社長が追悼

 世界一多くの星を保有するフレンチシェフとして知られるジョエル・ロブション(Joel Robuchon)が8月6日(フランス現地時間)に死去したと現地メディアが報じた。死因は長年患っていたとされるがん。73歳だった。

 ロブションは1945年4月、フランス中部ポワティエ市生まれ。15歳で料理の道を志し、ホテル・レストラン「ルレ・ド・ポワティエ」に見習いとして就き、料理技術の基本を学ぶ。21歳で「コンパニョン・ド・トゥール・ド・フランス」のメンバーになり、29歳でコンコルド=ラファイエット・ホテル(Concorde La Fayette Hotel)の総料理長に就任する。33歳で「ホテル・ニッコー・ド・パリ」料理部門長に就き、36歳で「ジャマン」のオーナーシェフとして独立。48歳の1994年に「ジョエル・ロブション」として移転拡大。94年、恵比寿にシャトーレストラン「タイユバン・ロブション」の料理監督に就く。以来、六本木ヒルズや日本橋高島屋、丸の内のブリック・スクエア、渋谷ヒカリエ、ニュウマンに飲食業態を続々オープンしてきた。

 2015年秋には、マッシュスタイルラボが手掛ける「ジェラート ピケ(GELATO PIQUE)」とコラボラインをスタート。“大人のデザート”をコンセプトとするルームウエアブランドとの協業は大きな話題を呼んだ。発売以来、リュクスなシルクパジャマ、フレンチリネンやカシミアを用いたルームウエアをはじめ、エプロン&ミトン、メンズアイテムやランジェリー、浴衣など“世界一美味しい部屋着”を発表してきた。先日行われた2018年冬の展示会でも、コラボ商品が披露されたばかりだった。

 訃報を聞いた近藤広幸マッシュスタイルラボ社長とコラボレーションの責任者である豊山陽子マッシュスタイルラボ執行役員は、「世界はあまりにも偉大な方を失いました。私たちが心から尊敬してやまない恩師です。私たちは彼から多くを学ばせていただき、かけがえのない時間を過ごしてきました。彼のその偉業は周知の事実ですが、何よりもそれ以上に愛に満ちた大きな心に魅了され、私たちは日本にいながら彼の大きな愛に包まれていました。私たちはまだまだ彼とともにかなえたい夢に溢れ、夢中になれる最高の時間を過ごしていました。このような事実を受け入れなければならず、ただひたすら途方に暮れています。彼の探求、慈愛を忘れることはありません。心よりご冥福をお祈り申し上げます」とコメントしている。

[related post="256202" title="「ジェラート ピケ」×ジョエル・ロブションの"世界一美味しい部屋着"第3弾が登場"]
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。