ファッション

ケイト・スペードがNYの自宅で遺体で発見 自殺と複数媒体が報道

 ケイト・スペード(Kate Spade)がニューヨークのパークアベニューにある自宅で遺体で発見された。55歳だった。複数のメディアが自殺と報じている。CBSによれば、家政婦が6月5日の10時20分ごろに遺体を発見。現場には遺書が残されていたという。

 ケイト・スペードは1962年にアメリカ・ミシシッピ州で生まれ、アリゾナ州立大学でジャーナリズムを学んだ。93年に夫とともに自身の名を冠したブランド「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」を立ち上げた。ブランドは、99年に米高級百貨店グループのニーマン・マーカス(NEIMAN MARCUS)が過半数株式を取得し、2006年に米大手アパレルのリズ・クレイボーン(LIZ CLAIBORNE)に譲渡されると、翌年ケイトはデザイナーの職を辞任。15年に新ブランド「フランシス ヴァレンタイン(FRANCIS VALENTINE)」を立ち上げた。一方、「ケイト・スペード ニューヨーク」は1996年から日本でもサンエー・インターナショナルが取り扱いを開始し、2009年にはケイト・スペード ジャパンが設立された。17年に「コーチ(COACH)」などを擁するタペストリー(TAPESTRY)が買収している。現在同ブランドは米国内に140店舗、世界に175店舗以上を構えている。

 捜査当局は詳細が解明され次第情報を公表するとしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。