ファッション

「ベンシモン」の国内2号店がマークイズみなとみらいにオープン

 ルックが輸入・販売する仏ライフスタイルブランド「ベンシモン(BENSIMON)」の国内第2号店となるコンセプトショップ「ベンシモン オトゥール・デュ・モンド(BENSIMON AUTOUR DU MONDE) マークイズみなとみらい店」が31日、横浜市のマークイズみなとみらいにオープンする。

 シックなネイビーの外観と対照的にカラフルな内装の約60平方メートルの空間には、ブランドを象徴するスニーカー“テニス”やバッグ、婦人服、世界中から取り寄せたインテリア雑貨などが並ぶ。オープンを記念し、1万800円以上の買い物客には数量限定のナップサックを配布する。

 1975年、セルジュ・ベンシモン(Serge Bensimon)と弟のイヴ・ベンシモン(Yve Bensimon)がパリで創業した「ベンシモン」は、直営のコンセプトショップ「ベンシモン オトゥール・デュ・モンド」をフランス国内で50店舗を運営する。直営店や卸売りはベルギー、ドイツ、台湾、南アフリカなど約20カ国に上り、今年2月には東京・代官山に日本国内初の旗艦店をオープンした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら