ビジネス

ルック1~6月期、営業黒字に回復 「キース」「マリメッコ」好調

 ルックの2017年1~6月期連結業績は、本業のもうけを示す営業損益が6億1000万円の黒字(前年同期は7800万円の赤字)に転換した。同社は15年7月に契約が終了した「トリーバーチ(TORY BURCH)」の穴を埋めるべく、既存ブランドの底上げに取り組んでいる。「キース(KEITH)」「イルビゾンテ(IL BISONTE)」「マリメッコ(MARIMEKKO)」などの販売好調によって、期初予想では収支トントンを予想していた営業損益を回復させることに成功した.

 売上高は同1.7%増の210億円だった。連結子会社のA.P.C. Japan、デンハム・ジャパンも順調だった。増収によって粗利益率は2.6ポイント改善。販管費を前年同期と同水準に抑えたことも、中間期での黒字転換に結びついた。純損益は5億5300万円の黒字(同2億8900万円の赤字)になった。

 1~6月期の好業績を受けて、17年12月期の予想を上方修正する。修正後は売上高437億円(修正前は435億円)、営業利益14億円(同9億円)、経常利益16億円(同10億円)、純利益12億円(同7億円)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。