ファッション

代官山に“業界のママ”が手掛ける新セレクト 「ソロイスト.」「アンダーカバー」など計6ブランドと記念コラボ

 アパレルブランド「M」の森亮一ディレクターが代表を務めるスリー(ThReY)は、自社の名前を冠したセレクトショップを9月22日、代官山にオープンする。「M」の直営店の跡地にオープンする同店は、ファッション業界人らが集まる恵比寿の会員制のバー「カスバ(CASBA)」の増田令子オーナーをプロデューサーに起用。増田がディレクションするブランド「パラダイス!(PARADISE!)」をメーンに、スリーの自社ブランド、他ブランドとのコラボレーション商品、別注アイテムなどをそろえる予定だ。

 オープンを記念した限定商品を用意する。増田プロデューサーとかねてから親交のあるスタイリストの野口強や「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST.)」「ベドウィン&ザ ハートブレイカーズ(BEDWIN & THE HEARTBREAKERS)」「ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)」「デラックス(DELUXE)」の計6ブランド(人)とコラボした商品を販売する。

 増田令子は1963年生まれ。文化服装学院卒業後、アパレル販売員から有名ディスコや会員制ラウンジの女将を経て、96年に恵比寿に「カスバ」をオープン。著名人や国内外のファッションデザイナーが集うバーとして知られるようになる。スリーの森代表とのかねてからの親交があり、同セレクトショップのプロデューサーに起用されたという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら