ニュース

アングローバルが新業態のセレクトショップ出店

 アングローバル(ANGLOBAL)は今春、自社で扱う商品を中心に品ぞろえする新業態のセレクトショップ、ザ ライブラリー(THE LIBRARY)を立ち上げた。「マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)」の自由が丘店、天神店、京都バル店、神戸バル店を順次新業態に転換し、既存顧客に加えて新たなファンを開拓する。

 「マーガレット・ハウエル」「サンスペル(SUNSPEL)」などの同社取り扱いブランドも販売するが、品ぞろえの軸となるのは同社が今春スタートしたウィメンズの新ブランド、「イレーヴ(YLEVE)」だ。30代以上の大人の女性に向けたトラッドベースのブランドで、同店の商品全体の4割を占める。

 同ブランドは、ロンハーマン(RON HERMAN)、ドゥーズィエムクラス(DEUXIEME CLASSE)、デミルクスビームス(DEMI-LUXE BEAMS)といったアングローバル以外のセレクトショップ約60社にも卸販売している。「『イレーヴ』は卸も好調で単独店でも成り立つが、今は単独店を次々出していくような時代ではない。自社のブランドを組み合わせることで良い化学反応を生み、より広い客層にアピールしたい」と、中田浩史アングローバル取締役。

 また、「マーガレット・ハウエル」は2020年にブランド設立50周年を迎える。「100年続くブランドにしていくために、丁寧に運営していきたい。しかし、会社としては成長が使命であるため、新規事業を成長のエンジンにしたい」と話す。

 自社の商品以外では、ウエアの「コモリ(COMOLI)」、バッグの「アエタ(AETA)」、古着なども買い付け、「マーガレット・ハウエル」の家具やハウスホールドグッズも充実する。最大店舗は神戸バル店で、約231平方メートル。

 ザ ライブラリーのECサイトも3月中旬にオープンする。今春出店する4店の反応を見て、今後の出店計画などは練っていく予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら