ファッション

アングローバルが新業態のセレクトショップ出店

 アングローバル(ANGLOBAL)は今春、自社で扱う商品を中心に品ぞろえする新業態のセレクトショップ、ザ ライブラリー(THE LIBRARY)を立ち上げた。「マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)」の自由が丘店、天神店、京都バル店、神戸バル店を順次新業態に転換し、既存顧客に加えて新たなファンを開拓する。

 「マーガレット・ハウエル」「サンスペル(SUNSPEL)」などの同社取り扱いブランドも販売するが、品ぞろえの軸となるのは同社が今春スタートしたウィメンズの新ブランド、「イレーヴ(YLEVE)」だ。30代以上の大人の女性に向けたトラッドベースのブランドで、同店の商品全体の4割を占める。

 同ブランドは、ロンハーマン(RON HERMAN)、ドゥーズィエムクラス(DEUXIEME CLASSE)、デミルクスビームス(DEMI-LUXE BEAMS)といったアングローバル以外のセレクトショップ約60社にも卸販売している。「『イレーヴ』は卸も好調で単独店でも成り立つが、今は単独店を次々出していくような時代ではない。自社のブランドを組み合わせることで良い化学反応を生み、より広い客層にアピールしたい」と、中田浩史アングローバル取締役。

 また、「マーガレット・ハウエル」は2020年にブランド設立50周年を迎える。「100年続くブランドにしていくために、丁寧に運営していきたい。しかし、会社としては成長が使命であるため、新規事業を成長のエンジンにしたい」と話す。

 自社の商品以外では、ウエアの「コモリ(COMOLI)」、バッグの「アエタ(AETA)」、古着なども買い付け、「マーガレット・ハウエル」の家具やハウスホールドグッズも充実する。最大店舗は神戸バル店で、約231平方メートル。

 ザ ライブラリーのECサイトも3月中旬にオープンする。今春出店する4店の反応を見て、今後の出店計画などは練っていく予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。